【出産】思いがけず緊急帝王切開になった話(3) | POP

【出産】思いがけず緊急帝王切開になった話(3)

赤ちゃんとの日々

こんにちは、べりんごです。二日連続でブログ更新チャンス到来!ベビちゃんナーイス♪思いがけず緊急帝王切開になった話の完結編です。

【これまでの経緯はこちらから】

正直、自分が帝王切開をするなんて夢にも思っていなかったです。母や妹も私と同じような小柄な体型ながらも全員安産で自然分娩をしていたので自分もきっとそうなると信じていたけど、出産というものは本当に十人十色。安産家系とかは関係ないんだなと思い知らされました。私の年齢が高齢だからということもあるのかもしれないけど・・・まぁいろんな要因が重なってユニークな唯一無二の出産ストーリーが生まれるんでしょうね!

「私、帝王切開のことなんて何も調べてなくて・・・その・・・怖いです!」と泣き言を言う私に、助産師さんは一言。「調べたらもっと怖くなるよ。何も知らないほうがいいよ(笑)」

ΣΣ(゚д゚lll) (まじか・・・)

そして次の言葉、「それよりも問題は、手術の準備中も陣痛が来るからがんばって耐えてね。」を聞いた瞬間くらいに陣痛の波が押し寄せてきて、「あぁぁ!ヒッ!ヒッ!フゥーー!!」かなりパニック状態でラマーズ法を繰り出す私。助産師さんたちは私の服を脱がせて手術台に乗せていろんなモニターや管を装着して、、わたしのパニック状態とは裏腹に着々と手術の準備が進んでいく・・・

昔から刃物に異常な恐怖を感じるほうなので、「メスで体に傷をいれる」という想像だけで怖くて怖くて、テレビドラマでよく見る手術のときおなかあたりを覆う布?みたいなのが現れるとさらにパニック状態(T_T)麻酔の効きを確認してもらってるときも、「これ痛い?」「痛いです!!」「え?ほんと?これは?」「痛いです!!」麻酔を信用できなくて、ひたすら「痛いです」を繰り返しているうちに、手術が開始されてしまった(笑)

ガクガクブルブル((;゚Д゚))

幸い、ちゃんと麻酔は効いていたようで(当たり前か)手術開始して10分くらいであっというまに赤ちゃんが誕生しました。帝王切開ではあったけど、陣痛の波に乗って赤ちゃんも途中までがんばって下がってきて生まれるための準備がきちんとできていたとのことで、生まれた瞬間から大声で泣いてくれました。(帝王切開の場合、生まれた瞬間は泣かないこともあるそうです。)布をめくって赤ちゃんの姿も見せてもらったとき、感動で涙があふれて止まらなかったです。

帝王切開になるとわかったときは、正直言うとショックな気持ちがありました。でも、無事に元気に生まれてきてくれたのを見たら生み方は関係ないんだなと心から思えました!これが一番言いたかったことです♡

その後、手術室で安静にしたあと部屋に戻ったのですが、その日は起き上がることも食べることも何もできなくて、点滴、尿管と管でつながれ、足にはきつい靴下&マッサージ機が装着されて、寝たきりロボット状態(笑)帝王切開の場合は、特に足に血栓ができやすいということで、数時間おきに血栓予防の注射と、このマッサージ機が必要だそうです。今回の出産で地味につらかったのが点滴。もともと血管が細いみたいで、少し動いただけで針がはずれて漏れ出てしまったところが痛み、刺しなおしを何度もお願いして青あざだらけになりました。そしてその後訪れた「授乳の壁(おっぱいトラブル)」についてはまた別の機会にゆっくり記すことにします。

書いてたら色々思い出して、なんだか胸がぎゅうっとなってきちゃいました。ほんとに大変ではあったけど、命をつないでいくという奇跡を体感できたこと、神様に感謝です。

=べりんご=

コメント

タイトルとURLをコピーしました