涙もろくなってきた四十路前。人生ここから味が出ていくのだ。

日々のつぶやき

こんばんは、べりんごです。

今になって思うと、10代は本当に心身ともに幼くてほとんど自我がない状態で過ごしてきて(笑)そのあと20代の自分はハッキリ言って最強だと思っていた。自分の考えや努力でいろんなことができるようになったしすごく体力もあったし。勢いよくつっぱしった20代が終わり、30代を迎えるとたくさんの壁にぶつかって、足りないことがたくさんあることを知った。色々と反省もしたしこの時期にひとまわり成長できたのかなと思います。

30代後半に人生の転機を迎え、家族ができてからはなぜだか異常なまでに涙もろくなってしまった。何気ない日常がどれだけありがたいことか身に染みてわかってきたし、家族がいることの心強さも知った。

日本語の歌がめちゃくちゃ心に響くようになってきて、家事をしながら、PC作業しながら、おなかのベビちゃんと話しながら、いろんな場面で日本語の歌を聴いてます。

写真はなんにも関係ないけど。ラストライヴ前にクリームソーダを10年ぶりくらいに飲んでいるところ☆彡

これから日本語の歌をたくさん作っていきたいな~。

 

=べりんご=

コメント